ロストワックス(精密鋳造)とMIM(金属粉末射出成形)の専門メーカー
堅い金属屋のやわらか頭がお役に立ちます
HOME MIMとは > MIMの生い立ちと今

MIMの生い立ちと今

MIMは、1970年代(米)R.E.Wiech.Jr他により研究が開始された比較的新しい技術です。1980年代より国内数社で量産が始まり、撤退や新規参入を繰り返し、現在では30社程度が、コマーシャルベースで営業を行っているようです。
技術面からまだ歴史が浅いため、その製造技術の各プロセスにわたって各社各様の製造方式・理論・ノウハウを採用しているのが現状です。メーカー間の技術交流は十分とはいえず、このことがMIM市場の足かせになっていることは否めません。

しかし、近年MIM製造のJIS化の動きが出始めており、日本粉体粉末冶金協会の一分科会として発足した「MIM加工部品の機械的性質の標準化」の活動によりSUS316L、SUS630、SCM415および純Tiの4種類の材料について報告がされるようになりました。

また、当社独自に、JUKI㈱中央技術研究所と共同で開発した材料の機械的強度データを一部公開しています。

これをきっかけに、今後少しずつ市場の認知度が上がり、いろいろな産業へMIMが採用されていくことを期待します。

図
  My Yahoo!に追加
ご相談はこちら

貴社の教育訓練の場へ参上します

【営業キャラバン隊】

カタログ請求
技術者の部屋
よくいただくご質問
JUKI会津トピックス

試作設計

 RP(Rapid Prototyping)