ロストワックス(精密鋳造)とMIM(金属粉末射出成形)の専門メーカー
堅い金属屋のやわらか頭がお役に立ちます
HOME MIM技術紹介 > 当社独自の特徴

当社独自の特徴

1.自社で開発したMIM材料です。
JMOLD(R)は当社の登録商標です。自社開発材料の例:JMOLD(R)(SNCM系鋼)、SKD11-SH、SUS440C-SH、J-HSS(ハイス鋼)高級粉末と粉末配合技術により、他社よりワンランク高い精度と密度を実現しました。
そのため材料費は高くなりますが、二次加工の簡略化により完成品でコストメリットが出てきます。

2.焼入から完成化まで引き受けています。
大手MIMメーカーではほとんど取り扱っていない機械部品用のSNCM鋼を独自に開発(JMOLD)し、焼入焼戻しまで行った完成品を提供しています。当社独自のサイジング技術(閉塞矯正)を積極的に取り入れ、寸法精度や幾何精度を向上させています。

3.正式にパーマテック法の技術供与を受けています。
MIM技術の元祖であるパーマテック法を基本として、JUKI会津独自に改良を加えたJUKI-MIMシステムを採用しています。パーマテック法の特徴は溶剤脱脂とバインダ技術にあり、他社では不可能な肉厚部品を可能にしています。

[パーマテック法]溶剤脱脂法を主体とするシステム。MIM法の元祖。
[ウイテック法]パーマテック社から分かれた製法。加熱脱脂法のため肉厚部品は不得意。

シャルピー試験片 肉厚部品例:シャルピー試験片
寸法 10×10×60(mm)
試験片のX線写真 試験片のX線写真(as sintered)
寸法 10×10×60(mm)


4.当社は金型工場でもあります。
MIMメーカーではめずらしく金型工場を持っています。また、3D-CAD・CAMの導入や、ITによる客先とのCADデータを直接やりとりするなど、設計初期のプロトタイプ段階からMIM素材を提供する、コンカレントエンジニアリングに貢献しています。具体的にはアルミ合金製の簡易金型を使い、30~200個一式で30~60万円の試作品を提供できます。


5.多品種少量が得意です。
当社はまだ規模が小さく、また複雑で大きな製品が多いので、自動化設備がほとんどありません。したがって大量生産(月産数十万個)は不得意です。逆に大手MIMメーカーがやりたがらない「多品種少量品」が得意です。月産数百個から受注しています。加工完成化まで行いますので、少量でもコストメリットが出てきます。

  My Yahoo!に追加
ご相談はこちら

貴社の教育訓練の場へ参上します

【営業キャラバン隊】

カタログ請求
技術者の部屋
よくいただくご質問
JUKI会津トピックス

試作設計

 RP(Rapid Prototyping)