ロストワックス(精密鋳造)とMIM(金属粉末射出成形)の専門メーカー
堅い金属屋のやわらか頭がお役に立ちます
HOME ロストワックス技術紹介 > ロストワックス設計のポイント

ロストワックス設計のポイント

新しくロストワックス鋳造品を採用される場合、形状を機械加工またはその他工法に適したものから、ロストワックスに 適した形状に見直す事によって、コスト・品質面で大幅な改善が図れる事例が数多くあります。良い部品をより安くするために設計段階から、ご相談いただければ最適部品設計のお手伝いをいたします。
  1. 形状の設計

    ロストワックス精密鋳造品設計のポイント
  2. 最小肉厚
    全体的な最小肉厚は1.5mm、材質によっては1.2mmまで可能です。部分的には0.8mmまで可能です。
  3. 角部のR
    内角R≧0.5mm  外角についてはショットブラスト等でR0.4以下のRになることがあります。 
  4. 表面あらさ
    Rmax 12~25S
  5. 文字の鋳出し
    凹文字:一般向け、小さな文字可能(文字の大きさ2) 
    凸文字:意匠用などに適用します。  
    凹面に凸字:後加工を要する面などに適用します。 
    (注)文字品質の安定のための刻印側面には30°のテーパが付きます。
  My Yahoo!に追加
ご相談はこちら

貴社の教育訓練の場へ参上します

【営業キャラバン隊】

カタログ請求
技術者の部屋
よくいただくご質問
JUKI会津トピックス

試作設計

 RP(Rapid Prototyping)